悪い汗を良い汗に変える方法

悪い汗を良い汗に変える方法

悪い汗を良い汗に変える方法

現代は臭いの問題がとても繊細な問題になってきています。と言いますのも、今まではセクハラやパワハラ等のハラスメントが騒がれていましたが、今ではスメルハラスメントと呼ばれる臭い(スメル)ハラスメントとして、騒がれています。

 

ただこの問題に関しては自分に悪意があって人に与えているわけではなく出てしまっているものですから、とても難しい問題ではあるようです。と言いますのも、今では会社の取引等でも臭いで契約がとれないなど問題が深刻化してしまっています。しかも自分の臭いは分からないと昔から言いますように、自分では分からないけど、臭ってしまっているというのが一番の問題でもし、この文を読んでくれる方がいるならその方自身にも降りかかるかもしれない問題です。本当に他人事では無いと思います。

 

そして汗が臭い人と臭くない人には違いがあるようで、臭う汗のほうは汗からミネラルや塩分が含まれる汗をかいていたり、塩分が含まれている為にしょっぱいという特徴」があったりします。反対に臭くない汗の人は99%が純粋な水分である事と、無味であるという事があるようです。その為に悪い汗をかく人は雑菌が繁殖しやすく臭くなってしまい。良い汗の人は雑菌が繁殖しにくいという事が挙げられます。さて、悪い汗を良い汗に変える方法がありますのでご紹介していきます。

 

悪い汗をかく人は汗腺と呼ばれる汗を分泌する機能が弱まっている為に悪い汗になってしまうようです。なので汗腺の機能を復活させれば良い汗をかけるようになる、という事です。どうしたら良い?と思うかもしれませんが、簡単な事で汗をかくようにすれば汗腺は機能を取り戻すと言われています。

 

具体的な例を挙げていきます。お風呂をシャワーで済ませている人はしっかりと湯船に浸かり、汗を流す。運動が嫌いな人は軽いウォーキングからでも良いので汗を流すようにして適度に運動をするようにする。夏場は暑いからとエアコンの効いた部屋にとじ込まらない。などと生活習慣から治していき、後はデオトラントでしっかり対策しましょう。気になる方は今では制汗シートなども市販されていますから朝家をでる時にスプレーでケアをして外ではシートを使用しても良いと思います。